女性と男性の毛髪の違い

こんにちは、デザイナーの竹中です

女性と男性では毛髪に違いがあります。

シャンプーやコンディショナー、育毛剤など男性用、女性用とがあります。

あまりにも当たり前のことのため今まで疑問に感じることもありませんでしたが、よくよく考えてみると何故分ける必要があるのでしょうか。

それは、同じ髪の毛でも男女の間で違いがあるためです。

女性の髪の毛の特徴

女の人の髪の毛は寿命が4〜6年といわれており、男性よりも寿命が長く老化が遅いと言われています。

髪の毛の太さも30代後半にピークを迎えその後、徐に細くなっていきます。また細くなっても1割程度だと言われています。

髪の伸びるスピードは1か月1〜15センチです。1か月1センチとしても1年12センチ6年だと少なくとも72センチまで伸ばすことが可能です。

男性の髪の毛の特徴

これに対して、男性の髪の寿命は3〜5年と女性と比べて老化が速く、寿命自体も短くなっています。

また、髪の毛の太さも男性は20歳前後がピークで、それ以後、細くなっていき、50歳では3割前後細くなるといわれています。

男性の場合は寿命が最長5年のため、60センチ程度までしか伸ばすことができません。

女性の髪は寿命も長く、太さも太く強い

男性の髪は寿命が短く、太さも細くなりやすく弱しい

何故このような違いが生じるのかというと、ホルモンの違いにあります。

男性の場合、20歳前後で急速に増える男性ホルモンによって髪の毛の成長が抑制され成長が短くなり細くなりやすい。

男性に薄毛が多いのもホルモンの関係が一番多いといわれています。

逆に女性の場合は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが髪の毛の寿命を延ばすと言われています。

と男性の髪を比較してみると、女性は、薄毛になりにくいってことが良く分かりますよね。

男性は少し早いと思われるかもしれませんが、二十歳を過ぎたら毛髪ケアを心がけることをおすすめします。