千里浜なぎさドライブウェイへエスコート

今日は友達のさくらさんを、宝達志水町羽咋市の千里浜なぎさドライブウェイまでエスコートしてきた。

午後2時過ぎに仕事を終えたその足で、野々市市内にあるカレー店横の駐車場に車を停めて、さくらさんが食事を終えたところで合流した。…さくらさんは今回鈴鹿サーキットで一昨日開催された鈴鹿8時間耐久レースを観戦に、先週木曜に本州入りしてから京都〜鈴鹿サーキットでの8耐観戦〜磐田〜白川郷を経由して、今日の午後に石川県入りしたところだった。

近くのコインランドリーで着替えの服を洗濯してから、僕の先導で千里浜なぎさドライブウェイへと向かうこととなり、国道8号線のと里山海道を北上して午後4時40分頃に到着した。

久々に訪れた千里浜は平日の午後とあってかなり空いていたけど、さくらさんは「車で走れる砂浜」として知られる千里浜をオートバイで走ることが出来て、かなりご満悦な様子だった。

…千里浜なぎさドライブウェイを走ってからは、今浜IC近くの駐車場に車を停めてさくらさんのホンダ・NC700Xの同乗体験をすることとなった。

僕もヘルメットやグローブ、ライディングジャケットを着用し、シート後部に跨って発進すると…走行中に振り落とされないようサイドグリップを掴むのに一杯いっぱいだった。

大型クラスのオートバイの中では穏やかな走行特性のNCとはいえ、そこは僕の乗っているカブのおよそ14倍の排気量から発生する太い低速トルクを活かした加速は思っていたより鋭く、その体感速度もカブの比ではなかっただけに、改めて僕が大型オートバイに乗るのは無理があることを痛感させられた。

…NC700Xの同乗体験を終えたところで、これから富山へと向かうさくらさんと別れ、国道159号線〜山側環状道路を経由しての帰路に就いた。